B層について

少し長いですが、政治関係者の間でたびたび出てくる「B層」について

私は選挙については枚方、特にくずは地区に特化したチープ戦(名簿ナシ、知り合いナシ、組織ナシ、金ナシ、駅前報告とペーパー配布のみ)しか知りませんでしたので、郵政解散により行われた2005年9月の郵政選挙で参考にされた「B層」という言葉は昨年になって他市の友人から教えられました。

そこで精力的に古典に親しんでいる合間に、友人から紹介していただいた適菜 収氏の「日本をダメにしたB層の研究」、「日本を救うC層の研究」を読み、各層分類の元祖となった2004年12月15日付けのスリード社とオフィスサンサーラ社によるレポート「郵政民営化・合意形成コミュニケーション戦略案」をダウンロードして読みました。

すでに「B層」という言葉はウィキペディアにもありますし、レポートもダウンロードできますので興味がおありの方はご参考ください。

このレポートによる分析は写真のような表の説明なのですが、選挙戦術として今も有効です。

ワンイシュー(単一争点)、ワンフレーズで極度に単純化し、二択か三択を目の前にぶら下げることで深く考えない人々の票を集める政治・選挙手法はこのレポートを参考にされているように思います。

ウィキによると
A層 エコノミストを始めとして、基本的に民営化の必要性は感じているが、これまで、特に道路公団民営化の結末からの類推上、結果について悲観的な観測を持っており、批判的立場を形成している。「IQ」が比較的高く、構造改革に肯定的。構成者は財界勝ち組企業、大学教授、マスメディア(テレビ)、都市部ホワイトカラーなど。

B層 郵政の現状サービスへの満足度が極めて高いため、道路などへの公共事業批判ほどたやすく支持は得られない。郵政民営化への支持を取り付けるために、より深いレベルでの合意形成が不可欠。マスコミ報道に流されやすく「IQ」が比較的低い、構造改革に中立的ないし肯定的。構成者は主婦層、若年層、シルバー(高齢者)層など。具体的なことは分からないが小泉総理のキャラクター・内閣閣僚を支持する。

C層 構造改革抵抗守旧派。「IQ」が比較的高く、構造改革に否定的。構成者についてはこれ以上の分析はない。

D層(レポートにはD層という言葉はない) 「名無し層」「命名無し層」と呼ばれることも多い。「IQ」が比較的低く、構造改革に否定的。構成者は既に失業などの痛みにより、構造改革に恐怖を覚えている層。

とされている。

「自民党をぶっ壊す」、「官か?民か?」、「改革なくして成長なし」、「聖域なき構造改革」、「反対派はすべて郵政族であり、郵政民営化を頭ごなしに反対する勢力=抵抗勢力」などのワンフレーズが使用されるが具体的中身は不明なことが多い。

よくわからないけど、すごい!」と感じる層(B層)を狙う。何か世界的に類似現象が起こっているようにも感じますね。

「気をつけよう、ワンフレーズに中身ナシ」、「気が付くとポピュリズム」かも・・・

自動代替テキストはありません。
遅ればせながら読んでみました。
自動代替テキストはありません。
「B層」の原点となったレポート。
自動代替テキストはありません。
レポート「郵政民営化・合意形成コミュニケーション戦略案」より。
カテゴリー: ほっこり日常ご報告, ヒラカタ行政・政治・選挙 | B層について はコメントを受け付けていません。

街活性化の神様

夕方、一昨日お世話になった枚方市駅の川原町にある「アワーズキッチン」さんへ。

今日は昨年秋から北海道千歳市へ移り住まれ、千歳市の「まちライブラリー」等で活躍されている池田繁治さんと話し合い。
木村議員も議会中のお忙しい中、駆けつけていただけました。

池田さんは「街活性化の神様」のおひとりです。楠葉では5年以上にわたり「池田珈琲」をされていました。

あっという間の4時間でしたが、いろいろとヒントと元気をいただけましたm(__)m 数日間滞在されて千歳へ戻られます。

帰りに樟葉駅で知り合いと遭遇。「わけい」さんでおでんをいただきました。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、立ってる(複数の人)、室内
アワーズキッチンさんにて。
池田さんとお話をしていますと、次から次にあふれ出てくる企画にこちらも元気をいただけます。
木村議員も相変わらず広い知識を持っておられます。
自動代替テキストはありません。
樟葉駅でメンバーが変わりました。
「わけい」さんではおでんをいただきました。
カテゴリー: ほっこり日常ご報告, ヒラカタ行政・政治・選挙 | 街活性化の神様 はコメントを受け付けていません。

音羽さん

久しぶりに枚方市駅の川原町の店で話し合い。

お店の一角で「占いの音羽(おとは)」さんが居られたので鑑定もしていただきました。

美人の方なので緊張してしまいましたが、生年月日での占いは的確!ウ~~ム、大変参考になりましたので、タロットカードでも見ていただきました。

これもすごい!政治家がよくお世話になるという占いですがよくわかる気分です。

ついでに数十年にわたるイスラエルとパレスチナのような宿敵も占っていただきましたが、それには勝てないとのことで、これも納得でした(ノ_-;)・・・当たってる!!

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる
的確!!2年前に占っておけばよかった(^-^)
画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、室内
かっこいいなあ、村岡さん(^o^)/
自動代替テキストはありません。
いいカードが出ているそうです。
カテゴリー: ほっこり日常ご報告 | 音羽さん はコメントを受け付けていません。

マスターズ・ピース

数日前、JTから商業主義的にピースのサンプルが送ってきたとばかり思っていました。

先ほど開けてみると、昨年非売品としてタバコ店に配られた幻の「マスターズ・ピース」が一本!!

デザインもクオリティも挨拶文も素晴らしい。

うーーん、すべてがハイセンス!脱帽です。
今宵は職人を尊ぶ日本文化に乾杯ですね。

ふと、健康増進法により2006年に廃止された天皇陛下から賜る「恩賜(おんし)のタバコ」を思い出しましたm(__)m

画像に含まれている可能性があるもの:メイクアップ
自動代替テキストはありません。

一本ケースの発想は葉巻からでしょうねえ。

自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
自動代替テキストはありません。
2006年で廃止となった恩賜のタバコはウィキペディアの写真より。
何度か吸ってみましたがキツイ印象でした。
カテゴリー: ほっこり日常ご報告 | マスターズ・ピース はコメントを受け付けていません。

制限1解除

今日は体調も良くなったので午後から楠葉を南下して牧野方面へ中廻り(10キロ超ウォーク)に。

牧野の「れんげそう」さんで「制限1(ケーキ1個まで)」のコーヒータイムを取りました。

れんげそうの渡部さんは求道者のように新しいものを作っておられます。チョコバナナケーキとコーヒーをいただいていると、ガラスケースの中のケーキ達が「1個だけ?私も食べて!」と言っているように思えてきます。

まあ、久しぶりやし、歩いてもいるし、血液検査は来月やし、毎日は精進料理のような食生活やし・・・
で、急遽「制限1」を解除し、「制限2(ケーキ2個まで)」へ。

2個目は米粉のシフォンケーキをチョイスしました。ガラスカバーが何かを連想させます(^-^)/ イカン!これでは正真正銘の亀仙人や。

このシフォンケーキ、綿菓子のようにフワフワ!!指でほぐしながらクリームを絡めると「至福のひととき」となりました。今日は心を鬼にして2個で終わりました。

昔なら一部の人にしか口にできないハイレベルケーキが今は庶民の口へ。良い時代となりました(^-^ゞ

画像に含まれている可能性があるもの:デザート、コーヒーカップ、飲み物、食べ物
渡部さん家のチョコバナナケーキとコーヒー
画像に含まれている可能性があるもの:デザート、食べ物
どれも食べてみたいケーキ群
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、室内
ガラスカバーに思わず・・・・(^-^)
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
米粉のふんわりシフォンも絶品
画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、木、空、屋外、自然
通りすがりの春爛漫
カテゴリー: ほっこり日常ご報告 | 制限1解除 はコメントを受け付けていません。

亀仙人へ

夜の話し合いの中で「髙橋さん、亀仙人みたいなことから戦線に復帰してよ。枚方は大変らしいよ」とのお言葉。

「枚方には優秀な現職の方々が居られるから何とかしはるやろ」と軽く言ってヒンシュクを買いました。
私の方はこの2年間、大石内蔵助殿から亀仙人へと発展進化しております(^-^)

さて、最新の「本」は山ほど出ていますが、今の心境は古典復帰。

学生の頃、議員になる直前、そして今と三度目の古典読書でお久しぶりというところです。

さすがに文庫は目に悪い。ただ初めて読む本ではないのでペースは速いです。

17年前に出版された「アメリカがまだ貧しかったころ」は古典とは言えませんが、トランプさん支持層の背景が読めて面白いです。

今日は桃の節句。先ほどお雛さんのチーズケーキをいただきました(^-^)

自動代替テキストはありません。
事前の知識なしでも面白く読めます。
トランプさんの支持層が浮彫か。

画像に含まれている可能性があるもの:1人
ザ・古典の中でも座右の書。
経営学をやる前にこれを読んでおくと全ては「イクサの仕方」が大事ということが分かります。
自動代替テキストはありません。
アメリカ及び近代経済を理解するための必須の書
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
桃の節句ということでお雛さんが書かれたチーズケーキ
カテゴリー: ほっこり日常ご報告, ヒラカタ行政・政治・選挙 | 亀仙人へ はコメントを受け付けていません。

続・筋肉痛(-_-;)

昨日は2か月以上ぶりに「今ここヨーガ」へ。

新年からの私のセミナーや、先生の3度目のインド訪問なども重なりブランクとなりました。

呼吸法と共に関節や筋肉をギリギリ広げていますと程よい疲労感と共に筋肉痛です。

枚方光善寺の水曜クラスのメンバーの方と写真に納まりました(^-^)

自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:7人、、スマイル、座ってる(複数の人)

カテゴリー: ほっこり日常ご報告 | 続・筋肉痛(-_-;) はコメントを受け付けていません。

生産性再定義

FB友達の方の紹介をシェアいたします。(詳しくはフェイスブックで

伊藤貫(米国金融アナリスト)という方のお話です。主にトランプ大統領誕生の背景。

驚くことが多いのですが、その中で伊藤貫氏によると1947年から1975年までアメリカ人の平均的な労働生産性は98パーセント上昇、中産階級と労働者階級の実質賃金は95パーセント上がった。
アメリカの1976年から2013年の労働生産性は85パーセント上昇したが賃金は40年で4パーセントしか上がっていない。上がった分は株主や一部の経営陣に行く・・・・

「生産性アップ」という言葉の意味と、「企業は社会の公器である」とか「分配」について再度検証するべき時なのかもしれません。

「羊として100年生き延びるよりもライオンとして1日を生きたい」と選挙演説でムッソリーニの言葉を引用していたトランプ大統領の少年期から一貫している覚悟とは何か・・・単なるポピュリストではなく正統性を回復させたいウルトラコンサバティブな世界観を持つトランプ政権の側近〔戦略官スティーブ・バノン氏〕の歴史観。 1960…
youtube.com

カテゴリー: ほっこり日常ご報告, ヒラカタ行政・政治・選挙 | 生産性再定義 はコメントを受け付けていません。

当選!

一週間ぶりに体調の方も回復してきましたが、気が付くと2月ももう終わりです。

先ほど「ご当選のお知らせ」が届きました(^-^)/

選挙を経験している人は「当選」という言葉の重さは他の人が推し量ることのできない言葉のはずです(^-^)

有馬温泉にある湯泉神社(とうせんじんじゃ)にも語呂合わせで行ったほどですから。

2年遅れか!とバカな事を考えながら封を開けるとJTキャンペーンでジッポーが入っていました。今や数少ないアメリカ製品です。

私はタバコの本数管理を兼ねてパッケージのQRコードをスマホで読み取っています。自動的にポイントもたまるので、たまに「応募」していたものが当たったようです。

まずは父の御仏前にお供えしておきますm(__)m

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
自動代替テキストはありません。
カテゴリー: ほっこり日常ご報告, ヒラカタ行政・政治・選挙 | 当選! はコメントを受け付けていません。

ほどほどが良いようで

どう考えてもマッサージが合わなかったのかなあと思っています。

月曜の夜に超きつい目のマッサージを受けて、火曜日は筋肉バラバラ感(*_*)
水曜の夜から筋肉痛と下痢が止まらず金曜まで完全にダウン。

楽しみにしていた予定も急遽キャンセルとなりご迷惑をおかけしましたm(__)m

今日は何とか動けるようになり、午後からの報告会に参加させていただけます。

マッサージもほどほどが良いようです(-_-;)

カテゴリー: ほっこり日常ご報告, ヒラカタ行政・政治・選挙 | ほどほどが良いようで はコメントを受け付けていません。